マンションを賃貸に出すときの注意点やメリット

短期間の貸出時は定期借家契約を結ぶこと

マンション 賃貸に出す賃貸マンション

マンション賃貸に出す場合には、期間をきちんと定めておきましょう。
一般的な賃貸契約を結んでしまうと、マイホームとして住めなくなってしまう可能性が高くなります。
普通借家契約では期間の定めがありますが、原則として更新をしなければなりません。
借主は1ヶ月前に連絡をすればいつでも退去できますが、貸主の都合で契約を解除することは難しいです。
海外に行くので短期間だけマンションを貸したいときには、定期借家契約を結ぶ必要があります。
定期借家契約では原則として更新がありませんので、定めた期間が過ぎたら自分のところに戻ってくることが約束されています。
つまり、海外から戻ってきたらまたマイホームとして住むことができるということです。

住宅ローンが残っているが1年間の海外転勤をすることに短期間の貸出時は定期借家契約を結ぶことトラブル防止のためにも契約は公正な書面で