マンションを賃貸に出すときの注意点やメリット

トラブル防止のためにも契約は公正な書面で

定期借家契約を結ぶときに重要なのが、公正な書面で契約をしなければならないということです。
口約束だけで定期借家契約を結んでも、その契約は効力を発生せず、普通借家契約になってしまいます。
契約の更新がなく、期間が経過したら終了するということをきちんと説明するということも条件です。
インターネットを見ていると、口約束だけで契約をしてしまっている人もいるようです。
しかし、この条件を満たさないと後でトラブルになってしまう可能性があります。
しっかりと調べた上で、定期借家契約を結びましょう。
住んでいないマンション賃貸に出すことで、なにもしなければ収入がゼロとなっているはずの物件で収入を得ることができます。
空き家にしていたら固定資産税と都市計画税、さらには管理費もかかります。
また、人が住んでいない建物は老巧化が進みます。
しっかりと信用できる人を選び、貸し出しをすることでメリットのほうがはるかに大きくなると思いました。
予定通りに1年で海外から帰ってきましたので、1年で契約を終了し、再びマイホームとして住んでいます。

住宅ローンが残っているが1年間の海外転勤をすることに短期間の貸出時は定期借家契約を結ぶことトラブル防止のためにも契約は公正な書面で

マンション 賃貸に出す賃貸マンション