マンションを賃貸に出すときの注意点やメリット

住宅ローンが残っているが1年間の海外転勤をすることに

私がマンションに住んでいたとき、仕事の都合で海外へおよそ1年間転勤をすることになりました。
住宅ローンがまだ払い終えていなかったので、銀行に申請をする必要がありました。
住宅ローンを完済しているならば、どれだけ長い間家を空けても問題はありません。
しかし、ローンが残っている場合、抵当権がついています。
銀行にとってはいざとなったらそのマンションを売ってローンを返してもらおうとしているわけですから、重要な問題です。
住宅ローンは本人が住んでいることが条件ですので、海外へ移住する場合には最悪の場合解約されてしまうでしょう。
銀行によって扱いはことなるようです。
インターネットで調べたら、フリーローン扱いとなって高い金利がとられるという口コミもありました。
「バレるわけがないので申告をしていない」という人も結構いるようですね。
いろいろなパターンがありますが、きちんと調べておくことべきでしょう。
私は賃貸に出すことにしましたが、インターネットで調べるとこれもさまざまな意見があります。
「バレるわけがないので銀行に申請をせずに人に貸している」という人もいました。
やむを得ない転勤の場合には、申請をすることで認められることが多いはずです。
銀行の担当者によって対応が変わるという意見もありました。
最悪のケースでは解約をされて一括返済を求められますが、これは本当に最悪のケースです。
仕事の都合でやむを得ない事情があり、比較的短期間ならば賃貸に出すことも認められるのではないでしょうか。
私の場合には10年が過ぎており、住宅ローン減税の問題はありませんでした。
調べてみると、本人が転居していても家族が住んでいれば引き続き住宅ローン減税を受けられるという記事がありました。
賃貸に出す場合には住宅ローン減税は受けられないでしょう。

住宅ローンが残っているが1年間の海外転勤をすることに短期間の貸出時は定期借家契約を結ぶことトラブル防止のためにも契約は公正な書面で

マンション 賃貸に出す賃貸マンション